FC2ブログ
城西大学 庭田ゼミ 活動日記
埼玉県にある城西大学現代政策学部 庭田文近ゼミナール(地域政策)の活動内容です。 ゼミ生みんなで更新していきます。
プロフィール

庭田ゼミ

Author:庭田ゼミ
城西大学現代政策学部
庭田文近ゼミナール(3・4年生)
地域政策研究室

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

読書案内『信州味噌の歴史』
みなさんこんにちは!
就職活動のため、埼玉県と長野県とを行き来しています。鷹野です。
人一倍、手洗いうがいを徹底しながら過ごしています。


本日4月6日は本来、2020年度の授業開始日でしたね。
現時点では5月11日となっていますが、はてさてどうなることやら…。
学生アドバイザーの活動開始も、同じように延期になってしまっているので残念です。


そんな中、「ブログを更新しろ」とのお達しが。
しかも“論文で使う本の紹介”とあり、「もう論文か!」と思ってしまいました。


そういえば、友達は論文の内容をもう決めていると言っていたし、遅いといえば遅いのか…。


というわけで論文の内容を考えてみたところ、2つ案が出ました。

1つは、「安養寺ら~めんが誕生から10年で地域にもたらした経済効果」。
もう1つは、「『信濃の国』が50年も歌い継がれてきたその理由」。

どちらも、私個人としては身近で、且つ調べてみたい地域のことです。


今回は、この案に沿って、水田記念図書館に蔵書されている本の中で探してみました。

本_R

『信州味噌の歴史』

この本…とにかく古い!
発行が昭和41年!
そのうちページが取れてしまうのでは…と思ってしまうくらい。
しかし、まず味噌がどう生まれたのか、起源である中国の話から始まっているため、概要説明の際に役立つと思います。
ただ、論文の内容を確定したわけではないので、これから色々な文献を読んで早めに決めたいと思っています。


水田記念図書館は、コロナウイルスの影響もあって開館時間は短縮していますが開いています。
図書館員の皆さん、元気そうでよかったです。
あ!あと!
やることがなくて暇すぎて死にそうな人は、スマホでラノベとかレシピ本が読める電子書籍貸出サービス、『LibrariE(ライブラリエ)』が登場したそうなので、ぜひ活用してください!

電子図書館 入口


なんかアドバイザーっぽいことしたので満足!(笑)
では!


スポンサーサイト



読書案内『百年構想のある風景』
どぉーん。 

本日の担当は、サッカー(Jリーグ)や野球(NPB)の試合観戦が趣味な、書記の菅原です。

特にJリーグ観戦では浦和レッズが好きで、ホーム開催の試合だけでなくアウェイゲームの観戦にも行っています。
アウェイゲームの観戦に行った際には試合観戦以外にも、現地のご当地グルメを堪能したり、有名スポットを訪ねたり、と行先で観光を楽しんでいます。


そして今回、卒業論文テーマを考えるうえで、この自身の趣味を活かしたいと考えました。

現時点のテーマは、

『アウェイチームのサポーターが試合観戦とともに現地を観光することによって、その現地に与える経済効果』

です。

ざっくりいうと、アウェイサポーターが来訪することにより、現地の経済がどれほど影響を受けているかの研究です。

試合が行われる前日・当日・翌日と別日でどのように変化しているかを研究したいと考えています。
またアウェイサポーターに関しては、アウェイの地に多人数が足を運ぶJリーグチームを調べ、その上位の数チームを対象にする予定です。

具体的な研究内容、展開、影響を比較する項目、対象とする県(現地)は現在検討中です。

他にも
『アウェイサポーターを迎える地域はどのような活性化策を練っているのか』
も研究してみたいと考えています。

これらのテーマを研究していくうえで、この本を1冊目に選びました。

DSC0404.jpg

百年構想のある風景

元Jリーグ理事の傍士銑太(ほうじ・せんた)さんが執筆者です。

傍士さん自身が触れた スポーツ文化と生きる市民と風景 がコラム仕立てでまとめられています。

目次の中で、
「第2章 スポーツ文化を生きる」に
“アウェイツーリズム”という言葉が出てきます。
アウェイの地に地元からあらゆる交通手段を使って訪れる人が、敵味方に限らず、その土地のものを食し、観光することを意味します。
このことを当書では「ファン=観光客として映ってくる」と記されています。
このアウェイツーリズムが研究の参考になるのではないかと考えています。


今のご時世、公共施設の利用は厳しくなっていますが、これから参考文献や学術論文の収集に努めようと思います。
読書案内【ライブパフォーマンスと地域】


こんにちは!松崎です
私もゼミ長に引き続き、絶賛就活中です!


最近は、ニュースをつけるとコロナウイルスの情報ばかりで日に日に状況が悪くなっていますね

コロナウイルスの影響で という言葉を何回も耳にしているような気がします

3月はまだライブなどは開催していることもありましたが今では旅行やお出かけすることも躊躇するほどです

私も好きなアーティストのライブが延期になり、6月に開催予定なのですが、そこも開催できるか分からなくなってきました、、 オリンピックも延期になりましたね


たくさんのイベントが中止になっているなかで、私は音楽イベントがもたらす地域活性について卒業論文を書こうと思いました。

音楽 というものは、生きていく上では無くても生きていけますが、そこに触れるとたくさんの感情が生まれてきて、とても素晴らしいものだと私は思います


だからこそ、今の時期自粛ムードが漂う中で、音楽イベントがいかに地域を活性化するのか というテーマに興味が湧きました。

構想としては、音楽がもたらす地域活性化についてと、音楽が人にもたらす影響 などなどを考えております。



そして参考文献としてこちら!

202004021858137ae.jpg



ライブパフォーマンスと地域
伝統 芸術 大衆文化

を参考にしたいと思います!
まだ、本が手元にないので内容は後日紹介したいと思います


みなさんも体調には十分気をつけてお過ごしください
では!!
読書案内 『階層化意思決定法 AHP事例集』
皆さま、こんにちは。
10期生ゼミ長の瀨戸山です。絶賛、就活中の身でございます。

ブログがまさかの4週目に突入しました。
今回は

卒業論文で使う本の紹介

というテーマで更新していきます。

さて、ゼミブログを毎回、確認してくださっている方々はご存知でしょうが
言っておきましょう

私はヒーロー番組(特に平成仮面ライダーシリーズ)が大好きです。

私はヒーロー番組が大好きです。

大切なことなので二度言いました。
確認をとるということは大事ですから。

…という趣向があり、卒業論文ではローカルヒーローを取り上げたモノを構想しています。
タイトルは
ローカルヒーローの目的とデザインの~
みたいなものかなと考えています。
ローカルヒーローでどのような効果を求めるのか、その時、どのようなデザインにするのが望ましいのか
というのをカッコよく言い換えて ~ の部分に入れたいです。

では、本題です。今回、わたくしが紹介する本は

honn.jpg


『階層化意思決定法 AHP事例集』です。

AHPというのは
Analytic Hierarchy Process (階層分析法)
の略称です。
曖昧な状況下での意思決定に役立つ手法 だそうです。
適用される対象や目的に
多数の候補の中からの選定と候補の順位付け
というものがあるのでここを主に利用して、論文に活かしたいなぁ…と。
こういう目的ならこのデザイン
それならこう
みたいな。デザインにあたっての手引書のようなものができればなァと考えてます。
第Ⅱ部 4 あたりが参考になるかな…

この本の冒頭ではスペースシャトルの今後 というもので説明されています。
移動手段の決定だとか、今後の新製品はどれ、みたいな例えが挙げられています。
案外、日常生活の中でも役に立つのかもしれません。凄く疲れそうな気がしますが、最適に近い選択をできるのであれば、それに越したことはありませんからね。なくはないかと思います。
幾つか案を出して、数値を決め、比較する…いろんなことに使えますね。
あれ、これゼミの活動のも使えたんじゃ。

卒論に限らず、普段の自分の、今後の選択についてAHPを用いて比較してみるのも面白いのではないでしょうか。数値化に至るまでが大変ですが、比較してみた結果を見てみると中々楽しめるかと思います。
では、今回の更新はここまでです。
たぶん、私の更新はもう無いと思います。
でもなぁ、なにがあるかわからないからなぁ…

それでは、ありがとうございました。

THE END


旅立ちの日。。。
こんにちは!!
庭田ゼミ9期生最後のブログ担当者はわたくし
ゼミ長の宮本敦史です!!
満を持して登場ですね。。。
ラストはやっぱり僕しかいないっすよね。
いよいよ、明日で大学生活も最後ということで、
振り返ってみると、まず初めにこの4年間あっという間だったなと感じております。。もし読んでいて、誤字があったらその時は目が潤んである可能性があるのでご了承ください。。
庭田先生には、2年生の時のソフォモアセミナーの時からお世話になってきたので、3年間お世話になりました。2年生から、様々な地域に行ったり、多くの方々と関わることができたりと貴重な体験をすることができ、少しでも成長出来たと思うので、庭田先生には感謝しております。ありがとうございました!
20200316185816bc6.jpeg

この写真は僕が2年生の時に、ソフォモアセミナーのみんなと一緒に軽井沢に行った時の写真ですね。笑ガッツリ決めにいってますね笑この頃、怖そうなどと(特に藤田くん)に言われてきましたが、凄い優しそうな人に見えるじゃありませんか。まあ、後に庭田ゼミのゼミ長をやると言った時に、庭田先生は不安に思ったことでしょう。笑
余談ですが、新しいライダースのジャケットが欲しいです。。
僕が庭田ゼミのゼミ長になって、2年が経ちました。ここまでやってこれたのは、15人のメンバーと庭田先生の支えがあったからだと思っています。僕は周りの人にすごい恵まれているなと、いまこうして書きながらひしひしと感じております。ありがとう!特に、3年生の時にサプライズで誕生日を祝ってくれた時はめちゃくちゃ嬉しかったです!!

20200316185843715.jpeg

庭田ゼミのメンバーとは、みんなで集まって色々な場所に行ったり、遊んだり、飲んだりできました!そこで、僕がゼミ長として目標にしてたメンバーみんなが仲良くなって多くのいい思い出をたくさん作るというのが、少しでも達成できたんじゃないかなと思っています。メンバーにそう思ってもらえてたら僕は嬉しいですね。
バーベキューの時の写真
20200316190143436.jpeg

ゼミ合宿、三重県の写真
20200316190043f2f.jpeg

ディズニーランドの写真
20200309084349341.jpg

UNOの写真
20200316185943155.jpeg
UNOに関しては、僕達の絆を深めたキーアイテムだったと思っています。笑宮前くんが授業中にも関わらず、やろうと誘ってきたので僕が注意したのがつい最近かのように感じます。笑
 あっ、これ長くなるやつですね。笑もう少し、お付き合いしていただけたら嬉しいです。
202003161859261c0.jpeg

卒業論文は「空き家の活用とその効果」を書きました。内容としては、空き家がどうして増えてしまい、なぜ問題なのかをあげました。そこで、空き家をどのように活用することが出来、どのような効果を得ることができるのかについて書きました。ゼミで空き家に対する活動をしてきたので結構思い入れ強かったですね。笑
今後の進路としては、電子部品を制作してる会社に行き、営業や生産管理などをおこなっていきます。社会人になったら辛いことがたくさんあると思います。そんな時に、庭田ゼミで学んだことを活かして仕事に取り組んでいきたいと思っています!
この4年間、特に2年生からの3年間はとても充実した日々を送ることが出来たのではないかと思っています!それは、庭田先生を含め、庭田ゼミ15人のメンバー達のおかげであると思っています!ですので、もう一度感謝の気持ちを伝えたいと思います!
ありがとうございました!!
卒業して別々な道に進んでしまいますが、みんなならどんな困難も乗り越えてやっていけると確信しています!!そしていつか、またみんなでお酒でも飲みながらたくさん話して楽しい宴でも開きましょう!!元気でな!!
あっ、たまには連絡してね!
あと結婚式呼んでくれよな!必ず行くから!
さいくぅー!愛してるぜぇ!!
20200316185903713.jpeg